ヨガ前はいつまでに食事を終えるべき?ZEN PLACE ヨガ&ピラティス

ZEN PLACE コラムより

食事はヨガ前2時間以上空けておくことをおすすめします

ごはん

ヨガ前の食事は、お腹をねじったり前屈したりする時の妨げにならないよう2時間前までに済ませておきましょう。
しかしどうしても空腹でツラい時は我慢せず消化のよいものを控えめに取ります。
そしてヨガ前におすすめの食品は栄養があって消化もしやすいもので、おかゆ・スープ・バナナなどがよいでしょう。
またヨガ後の食事にも気をつけて、ヨガ後1~3時間空けてからタンパク質やビタミンCの豊富なものを取りましょう。

食事をする時はヨガ前に2時間空けられるようにしましょう

ヨガの動きにはお腹をねじるポーズや前屈するポーズがあるため、動きを妨げないように直前に食事をすることは避けましょう。
食べたものを消化してちょうどよいくらいになるように、ヨガ前2時間空けることをおすすめします。
ただし体調など個人差があるためレッスンの前に調整してみて、自分にとって最適な食事の時間を見つけましょう。

どうしても空腹の場合は食べてもよい

空腹に耐えながらヨガを行うよりは食べておいた方がよいので、2時間前までに食事を終えられないとしても食べても構いません。
その時は消化の良い食べ物を控えめに取るようにしましょう。

水分補給はいつしてもよい

ヨガを行うとたくさん汗をかくため、水分補給はヨガ前2時間にこだわらず行います。
またヨガをする時もこまめに水分補給ができるよう飲み物の準備を忘れないことです。
そしてヨガをする時の水分補給に適した飲み物は常温の軟水ですが、疲労回復のためにクエン酸入りのものやレモンウォーターを選ぶ方法もあります。

ヨガ前におすすめの食事は栄養があるものや消化に負担のかからないものです

女性


ヨガ前2時間までに食事を済ませ、さらに運動の負担にならないために消化のよいメニューがおすすめです。
その時には次のような食べ物を選んではいかがでしょうか。

ヨガ前におすすめの食べ物

  • おかゆ
    温かくて消化しやすい食べ物で、体調が悪い時でも食べやすいメニューのため、ヨガのレッスンの時間に近づいた時の食事にもおすすめです。
    または温かく油の少ないスープにしてもよいでしょう。
  • バナナ
    程よく炭水化物が含まれており、カリウムやマグネシウムなどのミネラルも豊富に含んでいる消化の良い食べ物です。
    バナナもどうしてもレッスン前に食べたい時にも利用しやすいでしょう。
  • ナッツ類
    アーモンドをはじめとしたナッツ類は、必須脂肪酸やタンパク質、カルシウム、鉄などさまざまな栄養素を含んでいます。
    そのためヨガ前に体に必要な栄養を補給しておくためには適していますが、たくさん食べると高カロリーになるので注意しましょう。
    また消化はあまり良くないためレッスンの直前に食べることは避けた方がよいです。
  • 高カカオのチョコレート
    カカオ70%以上のチョコレートは運動前に食べるとよい運動の成果を上げることが期待されています。
    ちなみに食べる量の目安は2分の1~1かけ程度です。

ヨガ後の食事はタンパク質とビタミンCを含んだものがおすすめです

ヨガ前の食事時間や内容に気をつけたのなら、ヨガ後にも配慮しましょう。
ヨガ後の食事はどのくらい時間を空けるのかは1~3時間とさまざまな説がありますが、栄養を吸収しやすい状態にあるため高カロリーのものを取ることは避けた方がよいです。

ヨガ後におすすめの食べ物

身体を動かして傷ついた筋肉の修復に必要なタンパク質を多く含む食べ物や、タンパク質の吸収を助ける食べ物がおすすめです。

  • タンパク質
    肉・魚・卵・乳製品・大豆製品にタンパク質が多く含まれているため、バランス良くこれらの食品を取りましょう。
    高タンパク低カロリーの食べ物を選ぶと栄養を吸収しすぎないので、納豆やツナ、鶏ささみ、低脂肪の牛乳などが使いやすいです。
  • ビタミンC
    ピーマンやブロッコリー、レモンなどに含まれており、その中でももっとも多いと言われるのがアセロラです。
    アセロラそのものをスーパーなどで手に入れることは難しいため、アセロラジュースで代用します。
    果汁10%程度でも十分ビタミンCが取れるため、ヨガ後に適度に飲みましょう。

(まとめ)ヨガ前はいつまでに食事を終えるべき?

1.食事はヨガ前2時間以上空けておくことをおすすめします

ヨガはお腹をねじる・前屈するポーズがあり、それを妨げないように2時間前までに済ませませましょう。
ヨガ前の食事はおかゆやバナナ等消化が良く栄養のあるものがおすすめです。
またヨガ後は1~3時間空けてタンパク質やビタミンCの豊富なものを取りましょう。 2.食事をする時はヨガ前に2時間空けられるようにしましょう

ヨガではお腹をねじったり前屈したりするため、食べ物がお腹にあると動きを邪魔する恐れがあるので、ヨガ前2時間までに食事を済ませましょう。
どうしても食べたい時は消化のよいものを控えめに取り、自分に合ったヨガ前の食事時間を見つけることです。 3.ヨガ前におすすめの食事は栄養があるものや消化に負担のかからないものです

ヨガ前2時間までに食べる時のメニューや食べ物のおすすめは、おかゆ・スープ・バナナ・ナッツ類・高カカオチョコレートなどがあります。
ヨガ前すぐの時にでも食べやすい消化のよいものはおかゆやスープ、バナナでしょう。 4.ヨガ後の食事はタンパク質とビタミンCを含んだものがおすすめです

ヨガ後の食事は1~3時間ほど空けてから取るようにしましょう。
この時の食べ物はタンパク質を多く含む肉・魚・卵・乳製品・大豆製品がおすすめで、吸収を助けるビタミンCも合わせて取ります。
ビタミンCの摂取にはアセロラジュースがおすすめです。

以上、抜粋引用

 

こんな風に、トレーニングをすると食についての苦労も付き纏います。こちらの方もそんな悩みを解決するために、冷凍弁当ナッシュnoshを選んだそうです。こちら➡「きっかけは、美容と健康。今では家事の時短に役立てています。冷凍弁当nosh-ナッシュの使い方!

冷凍弁当ナッシュnoshについては、こちら➡「冷凍弁当noshナッシュの良い所・悪い所!おしゃれだけど本当のところは?申し込みの流れまで!」をご覧ください。

ZEN PLACEは、ヨガとピラティスのスタジオを全国100カ所以上、なんとグレード1のスタジオにマットグループ無制限会員(月額15,400円)に入会すると、全国102カ所のスタジオに行き放題です。(グレード2月額13,600円でも75カ所)詳しくは、こちら➡「完全版】zen place スタジオ別料金最終確認!Basiピラティス・ピラティススタイル・ヨガプラス・ビクラムヨガ|肩こり、腰痛、ダイエットに」をご覧ください。ピラティスについては、こちら➡「ピラティス&ヨガ 特集 pilates&yoga Basiピラティスの良さ・まとめ(追記20200827)