COMEBUYTEA (カムバイティー)とは、どんなお茶か解説します。

ジャスミンの花 キンモクセイの花

2019年9月21日(土)10時 台湾発のティー専門店 COMEBUYTEA(カムバイティー)表参道店がグランドオープンしました。今までのタピオカミルクティーに比べて、かなりお茶にこだわっているようで、お茶屋としては嬉しい限りです。

 

そしてストレートティーを「フローラルティー」と言っています。上のような花を使ったお茶が楽しめるのと、色々カスタマイズが出来るのが面白そうです。

画像出典:COMEBUYTEA

 

特徴

 

「台湾産の旬のフルーツを冷凍保存した果汁100%のジュース」や「ティーバーテンダーによるシェイクでティーを提供」とありますが、これらよりも何よりも独自に開発し、国際特許発明認証を取得の「TEAグラインダー」で茶葉を10秒で粉砕し、高温高圧の「TEAPRESSOマシン」で60秒でお茶を抽出と言うところが、お茶の味に大きく違いが出ます。

画像出典:COMEBUYTEA

 

これによって、1杯分ごと淹れたてのお茶を作れているのです。通常他店では、30杯分くらいをまとめて淹れるのに10~12分かかり、密閉された容器に移し入れて1~2時間のうちに供給されてしまいますので、この位では味・香りの差はほとんど無いと思いますが、2時間以上経つと香りが無くなってきてしまいますので、1杯づつ淹れている意味が出てきます。

 

問題は「TEAグラインダー」での粉砕が味にどのように影響するのかですが、台湾・中国茶の小葉種であればそれほど変わりませんが、セイロン茶には少し悪影響が出るかもしれません。

 

グラインダーは茶葉を粉砕する機械です。茶葉を細かくすることで、速く抽出できるようになります。

 

実はティーバッグで売られている安い紅茶の中味が粉砕されたものなのです。そしてそれは、主に大葉種のインド・スリランカ(セイロン)の紅茶です。(※鳳凰単叢などは、大葉種なので抽出時間が長いと苦みが出ます。あと、プーアール生茶も大葉種ですので熟成される前の緑茶は苦くて飲めません。)

 

どなたも淹れたことがあると思いますが、ティーバッグの紅茶がそうで、お湯につけたままにしてしまうと直ぐに、渋味・苦味などの雑味が出てしまいます。

 

上の段、左:金芽紅茶、右:蜜紅、下の段、左:ティーバッグの紅茶、右:ティーバッグの紅茶の中味です。

 

つまり、ハイビスカスブラックティーに使われている、セイロンブラックティーをグラインダーで粉砕しティーエスプレッソで抽出することが雑味を出していないか?これだけが心配だという感じです。

 

ちなみに、なぜインド・スリランカの紅茶が粉砕されているかと言うと、大農場の機械生産の為、摘み取りからすべて機械で行うために、葉をそのままの形に残す一葉茶に出来ないのです。

 

なお、エスプレッソマシンと言うのは浸透圧の力を利用して、エキスを抽出すします。ボイラーで大体9気圧もの圧力をかけますが、圧力鍋のように短時間で素材が柔らかくなり、味の濃いお茶が抽出されます。

 

このようなティーエスプレッソマシンは、実はかなり前から実用化されていて、2008年には「男子ごはん」の栗原心平氏がコーヒー用のエスプレッソマシンを改良して、紅茶エスプレッソカフェを立ち上げているのです。また、家庭用のティーエスプレッソマシンもあるようですし、コーヒー用のエスプレッソマシンでも出来ると書いてある機種もあります。(楽天ショップで販売している物➡こちら

 

種類

 

下の画像のストッカーのお茶が全てだとすると、以下の11種類のお茶があるようです。

画像出典:COMEBUYTEA

 

・寿眉白茶(じゅびはくちゃ):白茶の葉だけで(銀針)の入っていない物です。
・熟韻普洱(じゅくいんプーアール):熟した香りのプーアール茶です。
・銀針(ぎんしん):白茶の芽のみで、葉の入っていない物です。
・名間清香烏龍(めいかんせいこうウーロン):名間郷で作られた緑茶に近いウーロン茶でしょう。阿里山ウーロン茶、凍頂烏龍茶と同じ種類です。
・炭焙烏龍(すみいりウーロン):名間清香烏龍を炭で焙煎した物でしょう。
・茉莉緑茶(まりりょくちゃ):散茶にジャスミン香を付けたジャスミン茶です。
・陽羨紅茶(ようせんこうちゃ):江蘇省宜興県産の紅茶です。
文山包種(ぶんざんほうしゅ):緑茶と烏龍茶の間のお茶です。

ここからは、メニューから
桂花烏龍(けいかうーろん):金木犀の花の香りの烏龍茶:キンモクセイウーロンティーです。
東方美人(とうほうびじん):紅茶と烏龍茶の間の味です。
ルイボスティー:南アフリカで採れる豆の葉のノンカフェインティーです。需要が大きくなってきています。
セイロン紅茶:スリランカ産の紅茶です。

ここまでで11種類ですが台湾の店舗にはこの他に、「三峡碧螺春」「金萱烏龍」「雲悠鉄観音」など他にもあります。

 

オリジナルフローラルティー
クオリティー5種と、
クリエイティーTOP5

 

東方美人ウーロンティー

画像出典:COMEBUYTEA

東方美人ウーロンティー
華麗な花香と果香を醸し出す、はちみつのような甘みを持つ台湾独特のお茶。喉ごしはマイルドで、後味は芳香で甘い。

COMEBUYTEA

 

東方美人茶葉

東方美人茶は、台湾で独自に作られたお茶で中国にはありません。(蜜紅も同じ)ウンカと言う虫が農薬を使わない畑に飛来し芯芽を噛みます。するとその芽はお茶になった後も白い色でかつとても甘味が出るのです。それで、東方美人と蜜紅は特別な甘さが有るのです。

 

また、東方美人は酸化(発酵)を紅茶と烏龍茶の間で止めます。紅茶が完全発酵茶に対して、ウーロン茶は半発酵茶と言う分類です。茶葉の中には、紅茶になってしまった赤い物も混じっています。味も香りもまさに中間なのですが、上級の東方美人ほど香りが強いです。そして味は、特に一煎目はしびれるほどの刺激が強いことが多いです。好きな人もいますが、この様な場合は、洗茶をしてまろやかにして飲みます。

 

この東方美人茶のミルクティーがクリエイティーTOP5に入って無いのが残念な気もします。家庭で楽しんでいる方は居るようでレシピサイトにも沢山出ています。きっと美味しいですよ!

➡タピオカミルクティーの茶葉別の淹れ方

 

阿里山ウーロンティー

画像出典:COMEBUYTEA

阿里山ウーロンティー
台湾で有名なお茶の産地「阿里山」の茶葉は柔らかく肉厚。香りは繊細で優雅。優しい旨味が特徴の清らかな味わい。

COMEBUYTEA

 

阿里山は、台湾最高峰玉山(標高3,952mと富士山より高い山)に隣接している海抜2,216mの山でお茶の産地です。1,000m以上の高地で栽培される茶葉を使ったものを「高山茶」と言いますが、阿里山と名が付く場所に1,000m以下は有りませんので高山茶になります。高山茶の何が良いかと言うと、台湾は亜熱帯に属しますので、この標高でも昼はかなり熱くなります。しかし、夜は、冷え込みますので、一日の中に温度差が大きくなるのです。それによって、茶葉は柔らかく肉厚。香りは繊細で優雅。優しい旨味が出来るのです。また、標高が高い為空気が澄んでおり公害とは無縁ですし、虫も少なくなるために殺虫剤を使う必要が無くなりますので無農薬栽培が出来るところが利点です。

 

ウーロン茶と言っても味は、緑茶に近くなります。かと言って日本茶の緑茶のように緑臭さは有りません。深蒸し茶⇒煎茶⇒台湾・中国茶と、味よりも香りを重視したスッキリとしたお茶になって行きます。凍頂烏龍茶や四季春茶と同じような、ウーロン茶と緑茶の丁度中間の味・香りです。ゴ〇チャにも阿里山ウーロンミルクティーは有りますね!

 

このお茶は薄いとミルクに負けてしまいますので、かなり濃く淹れていてミルクに負けない味になっていると思いますが、本来のお茶の味を楽しむには、ミルクティーにするよりクリームチーノの方が美味しいと思います。一杯で満足すると思います。

 

下が阿里山ウーロン茶を使ったクリエイティー(創作茶)です。こちらは、ミルクティーではなくグアバジュースやレッドグレープフルーツジュースをブレンドしています。甘さと軽い酸味が、阿里山茶の香ばしさに合い、あとを引く味になっていると思います。ハチミツも合うのではないかと思います。

 

画像出典:COMEBUYTEA

TOP4

ウーロンティー+グアバジュース+こんにゃくゼリー
COMEBUYTEA

 

画像出典:COMEBUYTEA

TOP5

ウーロンティー+レッドグレープフルーツジュース+アロエ
COMEBUYTEA

 

ルイボスティー

画像出典:COMEBUYTEA

ルイボスティー
クセと渋みの少ない紅茶のような味わいで、後味すっきり。カフェインレスで妊娠中、授乳中の方やお子様でも安心。美容やストレス減少にも効率的。

COMEBUYTEA

 

上級のルイボスティー程、クセと渋みの少ない紅茶のような味わいで、後味がすっきりとします。ミルクを入れてしまうとこのルイボスティーは負けてしまうかもしれませんのでクリームチーノが合うと思います。トッピングはどれでも良いと思います。

 

キンモクセイウーロンティー

画像出典:COMEBUYTEA

キンモクセイウーロンティー
COMEBUYTEAオリジナルブレンド。ウーロンティーにキンモクセイの蜜をブレンド。キンモクセイの香りに烏龍茶のコクがブレンドされた上品な味わい。

COMEBUYTEA

 

キンモクセイは桂花ですので桂花烏龍茶です。蜜を使っているとのことですが、左は桂花烏龍茶にブレンドする桂花の花です。とても甘く良い香りで、この花から作られたシロップを使っているのでしょう。花のままだとグラインダーで粉々になってしまい口当たりが悪くなるから良い選択です。阿里山烏龍茶とブレンドの様ですが、少し焙煎してあるお茶に変更すると、甘い香りに加え香ばしさ出てミルクティーにも合うと思います。カスタマイズが出来そうならやってみてください。

 

下が、キンモクセイウーロンティー+黒糖こんにゃくゼリーです、桂花と黒糖の両方の甘い香りに満たされるでしょう!

画像出典:COMEBUYTEA

TOP2

キンモクセイウーロンティー+黒糖こんにゃくゼリー

COMEBUYTEA

 

ハイビスカスブラックティー

画像出典:COMEBUYTEA

ハイビスカスブラックティー
COMEBUYTEAオリジナルブレンド。セイロンブラックティーにハイビスカスをブレンド。ハイビスカスはビタミン・クエン酸・カリウムなどの栄養素を含み、美容・疲労回復に効果があり、強い酸味が特徴。

COMEBUYTEA

 

ハイビスカスはとても酸味が強いです。セイロン紅茶は大葉種ですので、中国・台湾紅茶に比べて渋み・苦みなども有り味が濃いのでハイビスカスの酸味に負けないと思われますが、調和しているかどうかですが、甘くするとたぶん良いしょう!ハチミツを入れると酸味も和らぎ美味しいでしょう。ミルク類は分離してしまいますが、ヨーグルトの感じになります。

  

ローステッドウーロンティー

ローステッドは焙煎です。焙煎の強いタイプで炭焙烏龍茶だと思われます。黒烏龍茶に近い味で、水仙茶に近い味だとすると巖茶(岩茶)、大紅袍、単叢の類です。台湾で作っているとすると凍頂烏龍茶を炭で焙煎した物で、よりコクがあって美味しいと思います。

この画像は、鳳凰単叢。

 

このクリエイティーはTOP1です。ローステッドウーロンティーは濃い目のエバミルクにとても良く合います。 そこにタロイモの少しのクセが加わると美味しく、とても満足する一杯でしょう。

画像出典:COMEBUYTEA

TOP1

ローステッドウーロンティー+エバミルク+タロイモボール
COMEBUYTEA

➡タピオカミルクティーの茶葉別の淹れ方

 

ジャスミンティー

ジャスミンティーもオリジナルフローラルティークオリティーに入って無いのが残念なところですが、ジャスミンこそフローラルだと思うのですが。しかし実はジャスミン茶はとても難しいのです。まず、ジャスミン茶は緑茶ベースになっています。緑茶は、悪くなりやすくそれは香りに現れます。そして、上級のジャスミン茶ほどジャスミン香が強いので、濃く淹れられません。ミルクティーにする場合は、緑茶の味を濃くしないとならず、緑茶が悪くなっていると悪い香りが出てしまいますので、お茶の味はしないくらい薄めでしょう。混ぜないで飲むクリームチーノなら良いかもしれません。

白龍珠

私共の店では、レモングラスをブレンドした緑茶の味の濃い散茶にジャスミン香を加えた上海ジャスミンティーと言うのが有りますが、ミルクティーにする場合はさらに白龍珠を加えてジャスミンの香りを立たせ、緑茶の味とレモングラスの渋味との調節がとても難しいですが、調和がとれた時は最高です。

上海ジャスミンティー

下のクオリティーは、ジャスミンとパイナップルの甘い香りにナタデココで爽やかさが際立つでしょう。

画像出典:COMEBUYTEA

TOP3

ジャスミングリーンティー+パイナップルジュース+ナタデココ

COMEBUYTEA

➡タピオカミルクティーの茶葉別の淹れ方

 

【詳細】

COMEBUYTEA(カムバイティー)表参道店
住所:東京都渋谷区神宮前4丁目9-3 清原ビル1階
アクセス:東京メトロ銀座線、千代田線、半蔵門線。A2番出口から徒歩3分
営業時間:10:00~22:00
定休日:無休
電話:03-6804-5699

 

まとめ

今までのタピオカミルクティー屋さんに比べると、お茶の香味・フローラルの香味・ジュース果実の香味がそれぞれ生きていると思いますし、生かせるようなブレンドをTOP5では打ち出しています。お茶屋でもどれも飲んでみたくなります。また、ホームページには出ていない文山包種、銀針、プーアル茶などもあるようですので、是非色々と試して飲んでみて感想を聞かせてください。

 

なお、ブレンドティーについてはこちらで詳しく書いています。

カスタマイズティー(ブレンドティー)の世界説明へ 戻る。

 

タピオカミルクティーの茶葉別の淹れ方ページ作っています。➡こちら