濃い字が、当店で取り扱いのある茶葉です。(品揃えが変わって来ていますが、ほぼこんな感じです。品切れの際は、ご了承ください。)

縦軸は、味と香りのバランスです。甘い香りが強いものは上の方に、特殊な香りの物は下の方に記しています。

横軸は、発酵(お茶用語、菌が居る訳では無いです。)の度合い。同じカメリアシネンシスの茶葉から発酵度の違いで緑茶⇒ウーロン茶⇒紅茶となります。日本茶も同じ茶葉ですが、製法が大きく異なりますので、欄外に記しています。プ―アール茶なども同様です。なるべく近いところに書き入れています。花茶や茶外茶(カメリアシネンシス以外から製造しているお茶)も欄外に記しています。

日本茶と台湾・中国茶の違い、

日本茶は、味を出すように作っています。収穫して直ぐに蒸して細胞を壊しますので青い香りと、深蒸し茶などはドロッとして海藻のような味となります。

台湾・中国茶は、それぞれ香りのすばらしさが自慢です。加熱の前に茶葉を干す工程で香りを出します。そして、茶葉の自然な甘さが有ります。玉露でしか味わえないような甘さを感じてください。そして、香りと味のバリエーションの豊富さもご堪能いただけます。

各種、お茶のご紹介(品ぞろえも変わり、似たお茶で値下げした物もございます。)

この他、以下のリンクより色々あります。