”台湾の旅“ 振り返り:観光編

Pocket

そもそも今回の台湾は、観光目的ではありませんでしたので、あまり見どころはありませんが、

今回の記事では、少ない写真と共に面白かった物事のご紹介を致します。

行きの飛行機…

やはり飛行機は、窓際に限ります。

たまに平らな雲海に突然出てくるきのこ雲が有りますが、これは、何でしょうか?雲の不思議。

しかし、台北行きチャイナエアライン便は、とても朝早く、ほとんど寝て過ごしてしまった。羽田➡松山 3時間半で到着。

霞がかかる台北101、もうすぐランディングです。

香港と違って、土地の広さに新旧のコントラストが良いですね!

 こちらは、夜の台北101(先っぽ)

地下鉄「台大醫院」の駅。この辺の駅の作りは皆同じでこんな感じ。開けていて良いですね。(台北)

広くて奇麗だし、何処を走っているか分かりやすい。

廟(びょう)?お寺?ところどころにあるこの感じ、台湾に来たって感じ!(台北)

 

小さな廟。(三峡)

 こちらは、公園(台北)

女性が、一人ポーズしてセルフタイマーで自撮りしています。

裏に一本入ると市場。午前中の為まだ開いている店は少ない。(台北)

臨江街観光夜市(台北)

ゼリーの入った冷たいお茶の店。雑貨も売ってる(屏東)

檳榔の樹、畑と畑の間にずっと植えられています。(台南)

蓄財をなす有名な神様らしい、1階から2階に、順々に7人の神様に1本づつお線香をあげてお祈り。内と外、海岸の方を見ると龍が昇っていた。帰り道海岸線沿いから見える亀頭山(金山)

永康街「沁園茶荘」さんにお邪魔しました。

ジュディオングさんと店主、茶梅と赤の茶器をお土産・ディスプレイ用に購入。

永康街入口から台北101

・・・食べ物コーナー・・・

酸辣湯、魯肉飯、干し豆腐、ピータン豆腐、その他に、蒸し餃子も来ました。台湾第一回目の食事の為、食べ過ぎました。

鶏と獅子唐の炒め、なすの炒め煮、おしんこ、玉子焼き、青菜炒め。(左)

牛肉とえんどう豆炒め、家鴨、焼きそば、烏賊とキュウリ炒め。(右)

小籠包、春雨とパイコー

茶梅、豆腐

以上