ブラックミルクティーとブラックティーに最適な紅茶5選

右からすぐにショップへ ラクマショップにて販売中➡

 

以下、商品説明です。

 

台湾で飲んだタピオカミルクティーの味が忘れられない!自分で作るのに最適な紅茶を選びました。

 

 

左上から、 ① 祁門工夫  ⑤ ライチ紅茶 ④ パッションフルーツ紅茶 手前のリーフ型の皿の上、左から、③ 蜜紅紅茶リーフ&ティーバッグ ② 滇紅工夫(雲南紅茶)

 

① 祁門工夫(キームンくふう)

 

キームン紅茶は、茶葉がきつく撚(よ)られているため、淹れるのに約2~5分程度時間が掛かります。どんどん甘みが増しますので焦らないでください。「祁門工夫」は、甘味が有り、インドやスリランカの紅茶と違って、タンニンが少ないため、苦味がほとんどないのが特徴です。焙煎の香りと甘さがまるで黒糖のようです。(ゴン〇で使われている物!?)

 

時間は、濃さと茶葉量によります。 アイスブラックミルクティーを作る場合は、1回に1杯分150㏄から2杯分300㏄に対して、茶葉は5gで出してください。1杯分でお湯を少なくする場合も5gが良いのは、お湯が少なくなると、急須の温度の低下が速く、抽出が鈍くなるためです。よく中国茶で行う茶葉を入れる前に、一旦お湯で急須を温め、お湯を捨てるのは温度の低下を減らすためです。

 

必ず熱湯を注いで5分待ちます。氷を入れて薄まっても、とても濃くそのままでも甘く美味しく出来ます。

 

 

この紅茶は、「紅茶のブルゴーニュ酒」と称されることもある。インドの「ダージリン」、スリランカの「ウバ」とならぶ世界三大銘茶の1つです。

 

イギリスでは、このミルクティーを「キーマン・ウィズ・ミルク」と呼んで親しんでいます。

 

  滇紅工夫(てんこうくふう:雲南紅茶)

 

滇紅工夫の「滇」という字は雲南省のことです。工夫はカットしていない茶葉です。世界的にも有名なお茶です。雲南大葉種という、大きな美しい茶葉が特徴で、 味は濃厚、後味は甘く、香りが長く持続します。大葉種ですので、インドやスリランカの紅茶に近い部分もあり、なじみの味にも近いと思いますが、渋みは有りません。

 

 

ミルクティーにも大変良く合います。 「祁門工夫」よりも速く1~2分で出ます。

 

一芯二葉、一芯三葉で丁寧に手摘みし、金芽を含み、上質な紅茶に湯を注いだ際に水面の淵にぐるりと浮かぶ「ゴールデンリング」が美しく表れます。

 

③  蜜香紅茶 (みつこうこうちゃ)

 

蜜香紅茶は台湾独自の製法の紅茶です。マスカット、蜜、デザートワインのような甘い香りがします。「祁門工夫」よりも速く1~2分で出ます。

 

 

茶園に飛来するウンカが噛んだ茶葉が、東方美人にも共通の特有の蜜の香りのする物質を作り出します。

 

色が薄く、味も繊細なので、ミルクティーにはせずにストレートでタピオカやフルーツを入れ、お飲みいただくことをお勧めします。(ミルクティーよりも、フルーツ入りで使われている物です。)

 

水出しも良いです。すごい香りと甘味です。カフェインの抽出も抑えられます。色はあまり出ません。1~5時間冷蔵庫に入れて冷やしてください。一度試してみてください。

 

④ パッションフルーツ紅茶 ⑤ ライチ紅茶

 

どちらも、ストレートにタピオカを入れると美味しいです。シロップが茶葉にたっぷりと含ませてあります。(果汁によって色が薄くなります。紅茶にレモンを入れたときに色が薄くなるのと同じです。)

 

どれも10gずつ5種と3種の飲み比べセットをラクマで販売しています。

 

 

当店がラクマショップを利用していますのは、決済手数料と送料において、現時点で最もお安く出来るからです。その分お客様に還元いたします。なお、ラクマショップに登録商品が無い場合は、お問い合わせください。ご要望に合わせてお作り致します。

 

ラクマ OLIVE’Sショップ

 

ティーバッグよりもリーフティーの方が、抽出に時間が掛かるのですが、煎数は多く出ます。それは、ティーバッグに使われている茶葉が細かく切断されているのに対し、リーフティーは茶葉が切断されていないのによります。

 

煎数は、使う量と1杯目で出した時間にもよります。何回も飲みたい時は、茶葉を多めにして、1回の時間を速くすると何度も出せることになります。